Monthly Archives: 1月 2011

中国語でステルス戦闘機

中国がステルス機のテスト飛行をしたというニュースが出てて
ステルスという単語はどういう中国語で書くのかと気になってたけど、ちょうど共同通信の中国語ニュースに米軍のステルス機のニュースが出てたのでわかった。

4架美国空军最先进的F-22A“猛禽”隐形战斗机

ステルス→隐形 yǐnxíng
戦闘機→战斗机 zhàndòujī

隐形经济だと、アングラ経済という意味らしい。

英語だと
ステルス戦闘機→Stealth fighter

ちなみに、ニュースに出ていた中国のステルス戦闘機の名前は「殲」でした。

殲 jiān

意味は、全滅させるとか、圧勝するとか。
アメリカだと戦闘機の名前は、鳥の名前をつけることが多いようだけど、中国はどうなってるんだろう。

試験飛行の動画や写真はギガジンで紹介されています。
gigazine:中国のステルス戦闘機「殲20」の試験飛行動画

1/14日コメントをいただいたので追記

Comment by 通行人
“殲”は”殲撃”の略です。中国では”戦闘機”の事を”殲撃機”と読んでいます。殲とは消滅させるの意味です。”殲撃機”はどちかと言うと”制空戦闘機”に近い意味合いです。

“殲”ってあの戦闘機の名前だと思ってたんですが、そうではなくて殲撃の略だったんですね。

中国のサイトを見ると、あのステルス戦闘機を歼-20やJ-20(歼と殲は同じ。簡体字と繁体字の違い。)と書いてあるところが多く、
例えば米軍の戦闘機だとF-22みたいな名前がありますが、そのFみたいな感じで使われているようでした。

歼-20 百度百科
試しに百度百科の記事を見たらびっしり書き込まれてた。
開発は成都のほうで行われたように書いてある。成都はかなり内陸の方。

歼-20,空军代号“鲲鹏”,因为该机将担负我军未来对空,对海的主权维护, 北约代号为“Fire Tooth”(火焰牙)。

空軍のコードネームは“鲲鹏”。物語に出てくる生き物のようだけど、日本語訳がわからない・・。辞書を見ると、大魚と大鳥と書いてある。

1/16日コメントをいただいたので追記
“鲲鹏”は正式な愛称ではないようです。
ちなみに、“鲲鹏”とは荘子の中に出てくる言葉だと教えてもらいました。
調べてみると、荘子の中で、鲲という巨大な魚が出てきて、鲲が変身して鹏という巨大な鳥になったという話のようです。
これから“鲲鹏”という言葉は巨大な物を表すのに使われてるみたい。

単語 1

これなら覚えられる!中国語単語帳

やらないといけないと思いつつ先延ばししていた単語。

まずは基本的な単語をちゃんと覚えようと思い、はじめて単語帳を買ってみた。
見やすくて、難しくないのをやろうと思い、写真の「これなら覚えられる!中国語単語帳 (CDブック)」を選んでみた。

単語数は約1500語。

まず、一周目さらっとやって、時間は6時間かかった。

何度か回転させたら、脳みそが記憶してくれるはず・・。

それにしても知らない単語が結構あった(T_T)