Tag Archives: 映画

中国の映画館の料金

中国の人と話していて映画の話になったんですが、中国の映画館のチケット料金って意外に高いんですね。

大人料金が60元。(900円くらい)
大学生とかの学生料金が半額の30元。(450円くらい)らしいです。

中国国内で料金が均一なのかはわかりませんが、今の日本の映画館の料金が大人1,800円、大学生1,500円なので、中国の平均年収とかから考えると高く感じます。そもそも中国では海賊版(盗版 dàobǎn)のDVDが激安なのでこんなに高くて見る人いるのか?と思っちゃいます。みんなが海賊版を見るわけじゃないし、日本でも映画を見るだけじゃなくて映画館の雰囲気を楽しむために行く人がいるので、同じように中国でも映画館に足を運ぶ人の需要はある程度あるってことでしょうか。

中国で人気の日本映画

中国の人と話していてよく話題に出る映画が「おくりびと」と「南京!南京!」。なぜかは知らないけどもこの二つの映画は中国でよく知られているっぽい。僕はまだどっちも見ていない。映画は好きでよく見るほうだけども、今までこの二つに映画にはあまり興味が湧かなかった。でも、知り合いの中国人が「おくりびと」を見てとても良かったと感想を言っていたので、どういうところに感動したのかを知るために今度見てみるつもり。

「南京!南京!」という映画は、最近日本でもよく耳にするようになりました。南京に住んでいる中国人の知り合いもこの映画を見たよと教えてくれた。何度も目を背けるような場面があったと言ってました。考えてみると僕は南京事件のことはよく知らないんですよね。学校で習った記憶はあるんですが。

おくりびと公式サイト

南京!南京!公式サイト

おくりびと [DVD]
おくりびと [DVD] 本木雅弘, 広末涼子, 余 貴美子, 吉行和子, 滝田洋二郎

おすすめ平均
stars佳作です
stars人間の死と心を美しい映像で表現された素晴らしい作品
stars心に染み入る風景と音楽が見事にマッチ
starsおくること〜旅立つ人達と残された人達の両方へ
stars物足りなさ

Amazonで詳しく見る

最近中国の社会について少し詳しく知りたいという欲求が出てきたので、何か良い本がないかと思っていたら成毛眞さんがブログで中国関係のオススメの本として大地の咆哮(ほうこう) 元上海総領事が見た中国を紹介されているのを見つけた。試しに本屋でちょっと立ち読みしたら、他の読みにくく難解な中国関連の本と違って、のめりこんでスラスラ読めてしまったので即買いして今読んでいる途中です。よくあるようなトンデモ本ではなく著者の中国での体験を通じて割りと中立の立場で書いてあるように思います。この本は中国の人と直接関わったことがある人なら興味深く読める気がします。

大地の咆哮(ほうこう) (PHP文庫)
大地の咆哮(ほうこう) (PHP文庫) 杉本 信行

おすすめ平均
starsチャイナリスクの認識に好適
stars実体験は何よりも重く現実を教えてくれます。
stars中国と付き合う人へ 最後の咆哮を聞け
stars外交官からみたチャイナリスク

Amazonで詳しく見る