Monthly Archives: 5月 2009

中国語の勉強には日本語をきちんと話せること、中国語を読むことが大切だと気づく

中国語の勉強を始めて3ヶ月ほどになります。
最近気づいたことが2つあります。1つはある程度の中国語を身につけるには母国語である日本語をきちんと話せることが大切だということ。もう一つは外国語の勉強は話すことより、読むことの方が大切だということ。どちらもよく言われていることですが、少し勉強したことで実感しています。

母国語が大切なことについて
中国語で何かを伝えようとするときに、その内容を論理的に組み立てて伝えないといけません。その時に普段使っている日本語できちんと話せる訓練ができていないと中国語でも言いたいことを言えないと気づきました。私は日本語が母語ですから基礎となる日本語できちんと話せないと、それを応用して中国語で論理的に話せることができません。母国語が大切とはよく言われていることですが実際に中国語の勉強を始めて中国人と会話する経験をするまで全然実感がありませんでした。日本語なんて意識しないで使っていたので、どうやったら上手く相手に伝わるか?なんてことを真剣に考えてこなかったんだと思います。

外国語の勉強は読む>聴く>書く>話すの順で重要
中国語を勉強し始めたときは早く中国語で話せるようになりたいと思っていました。今もそれは変わっていませんが、佐藤優氏をはじめ、外国語を実務で使っていた人が著書などで外国語の勉強は読む>聴く>書く>話すの順で大切といっているのを読んだときも全然ピンとこなかった。むしろ学校での英語の勉強の経験から読み書きより話すことが大切だと思い込んでいました。

中国語の勉強を始めて中国人と会話をしてみると、ある程度の日常会話なら使う単語もフレーズも限られているので、適当にやってるうちになんとかなってしまうんですね。しかしもっと深い話をしようとすると全然歯が立たない。そのとき自分に足りない能力に気づきました。まず圧倒的に単語力と基本的な文法力がたりない。それまで英語も含めて外国語で話すことにコンプレックスを持っていました。でも実際に外国人と会話してみるとコンプレックスはなくなりました。外国人で外国語の勉強をしているんだから下手なのは当たり前です。会話で一番の壁になるのはこのコンプレックスのような気がします。私の場合は運よく外国人と直接話す機会に恵まれたから、目をつぶって壁にぶつかったらスッーと壁を通り抜けていた感じです。

会話コンプレックスが無くなって気づいたこと
会話コンプレックスが無くなって気づいたのは、外国語を読むことや聴くことの大切さです。インプットしていないものはアウトプットできません。無いものを出そうとするとめちゃくちゃな言葉をでっちあげてしまいます。暗記という言葉を使うのは嫌いですが、やはり大事なのは単語やフレーズを覚えることだという気がしています。意味がないことを丸暗記したり、いやいやながらやると暗記が嫌いになりますが、興味があることを調べたり、必要に迫られてやると嫌とかいう気持ちは生まれてきません。そして会話コンプレックスがなくなって、このインプットをやっていると、読んだものを会話で使うことの間にある壁はそれほど厚くないことに気づきました。脳内にあるインプットとアウトプットの通路は一度使うと流れが良くなるようです。

結局何がいいたいかというと、話すことが大切じゃないということではなくて、要はバランスの問題なんだと思います。話すことでアウトプットすると自分に足りない物に気づきやすくなります。またインプットをしやすくなります。そういう意味では早めに話す経験をしておいて良かったと思います。

中国で人気の日本映画

中国の人と話していてよく話題に出る映画が「おくりびと」と「南京!南京!」。なぜかは知らないけどもこの二つの映画は中国でよく知られているっぽい。僕はまだどっちも見ていない。映画は好きでよく見るほうだけども、今までこの二つに映画にはあまり興味が湧かなかった。でも、知り合いの中国人が「おくりびと」を見てとても良かったと感想を言っていたので、どういうところに感動したのかを知るために今度見てみるつもり。

「南京!南京!」という映画は、最近日本でもよく耳にするようになりました。南京に住んでいる中国人の知り合いもこの映画を見たよと教えてくれた。何度も目を背けるような場面があったと言ってました。考えてみると僕は南京事件のことはよく知らないんですよね。学校で習った記憶はあるんですが。

おくりびと公式サイト

南京!南京!公式サイト

おくりびと [DVD]
おくりびと [DVD] 本木雅弘, 広末涼子, 余 貴美子, 吉行和子, 滝田洋二郎

おすすめ平均
stars佳作です
stars人間の死と心を美しい映像で表現された素晴らしい作品
stars心に染み入る風景と音楽が見事にマッチ
starsおくること〜旅立つ人達と残された人達の両方へ
stars物足りなさ

Amazonで詳しく見る

最近中国の社会について少し詳しく知りたいという欲求が出てきたので、何か良い本がないかと思っていたら成毛眞さんがブログで中国関係のオススメの本として大地の咆哮(ほうこう) 元上海総領事が見た中国を紹介されているのを見つけた。試しに本屋でちょっと立ち読みしたら、他の読みにくく難解な中国関連の本と違って、のめりこんでスラスラ読めてしまったので即買いして今読んでいる途中です。よくあるようなトンデモ本ではなく著者の中国での体験を通じて割りと中立の立場で書いてあるように思います。この本は中国の人と直接関わったことがある人なら興味深く読める気がします。

大地の咆哮(ほうこう) (PHP文庫)
大地の咆哮(ほうこう) (PHP文庫) 杉本 信行

おすすめ平均
starsチャイナリスクの認識に好適
stars実体験は何よりも重く現実を教えてくれます。
stars中国と付き合う人へ 最後の咆哮を聞け
stars外交官からみたチャイナリスク

Amazonで詳しく見る

佐藤優氏の語学の勉強法

今週の週刊 東洋経済 5/23号で佐藤優氏が「知の技法 出世の作法 佐藤優|時間に対する考え方、活用法とは」の中で語学の勉強について書いていた。佐藤優氏は博識で頭がいいので、記事などを見かけたら目を通すようにしている。

佐藤優氏が言うには教養としての語学はやらないほうがいいとのこと。語学学校の初級~中級レベルはその国の小、中学生レベルの語学力でしかない。

ギリシャ語に「クロノス」と「カイノス」という時間を表す言葉がある。
「クロノス」は物理的な時間。誰にとっても1時間は1時間
「カイノス」は、例えば、人生を左右するような大事な大学の入学試験を受けている最中、集中して物凄く濃密な時間が流れる。これが「カイノス」。

佐藤優氏は外務省に入って、英軍の語学学校でロシア語を勉強した。毎日単語を30くらい、フレーズを7くらい覚えて、それを頭に入れたか確かめるための試験が週一回あった。試験の結果が悪いと退学になる。厳しいがみんな通過していた。それは外交官として必要に迫られて勉強しにきている人たちがみな「カイノス」を持っていたから。

佐藤優氏は10ヶ月で大学院レベルの語学を身につけたそうです。ロシア日本大使館で外交官として活躍したほか、経歴を見るとモスクワ大学で講義をされたりして、相当な語学力なんでしょう。

私が今やっている中国語の勉強について考えました。今の環境でできる最大限の努力をしていない。一度ちゃんとどうして中国語を勉強するのか?本当に勉強する気があるのか?考えてみます。

政治にはほとんど興味がないですが、佐藤優氏のこういう勉強の技術的な話にはとても関心があります。今度彼の本を一通り読んでみるつもりです。

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫) 佐藤 優

おすすめ平均
stars賢い?キャリア官僚
stars「国策捜査」を世に問う
stars「国策捜査」は本当にあった
stars過去と現在、そして未来を見通すのに使えるのではないか
stars外交の裏舞台

Amazonで詳しく見る

今更ですが、佐藤優氏の名前が知られるきっかけになった本。政治の話が多そうですがまずはこれを読んでみるつもりです。

毎日やっている中国語の勉強方法

今毎日やっている中国語の勉強方法は試行錯誤して以下の方法に落ち着きました。自分のためのメモとして記録しておきます。単純だけどとても効率がいい方法です。

毎朝起きてすぐ中国語の基本的な例文を暗記する。これだけです。私は学生時代の受験勉強でも朝勉強したことはありません。なのに今では自然に朝起きて勉強しているから自分でも驚いています。きっと勉強が身についているのを実感できるから続いているんだと思います。朝は夜と時間の流れ方違います。頭の中も空っぽなので暗記するのに向いているみたいです。

学習内容は中国語の基本的な文法と単語を使った例文の暗記です。なおテキストは基礎的なもので、ネイティブ発音が収録されたCDつきの物を使っています。私は学生時代は暗記は大嫌いでした。今でも学生時代に考えていたような暗記、無理して根性でやるような暗記は嫌いだしやるつもりもありません。今やっている暗記は暗記といっても全然苦痛じゃないです。なぜかというと暗記しているという意識がなく暗記ができるからです。やっていることはとても単純です。ただ、できるだけ脳と体をフルに使って覚えるように工夫しています。

  • まず最初に中国語の例文を読みネイティブ発音を聞き解説を読みます。よくわからない単語があるときは電子辞書ですぐに調べます。電子辞書で調べた時にはその単語の例文も見ます。その中でわからない単語があるときはジャンプ検索で調べて芋づる式にどんどん調べます。
  • 例文の内容が理解できたら、例文を自分の声で発音し、例文を見ながら手を動かして中国語とピンインを数回紙に書きます。
  • 次に発音だけ聞いて中国語とピンインを書けるか?意味がわかるか?やってみます。これをできるようになるまでやります。だいたい5回くらいやればできるようになります。
  • 次は中国語の例文だけ見て発音と意味がわかるかテストします。これもわかるようになるまで繰り返します。
  • 次は日本語の意味だけ見て中国語を書けるか?その中国語の発音はわかるか?テストします。これもできるまでやります。

要は中国語の例文の文字、発音、意味の3つの中のひとつだけから他の2つを導き出せるようになるまで繰り返し練習します。これを意識してやると引き出しやすい形で自然と頭の中にその例文が記録されます。

ポイントはできるだけストレスの無い状態でやることです。嫌々ながらやったり、無理に暗記しようとしてやると全然頭に入りません。脳に余計な負荷をかけると必死に勉強しているつもりにはなれますが、脳の働きが邪魔されて効率が悪くなります、リラックスしてこそ集中できるんだと思います。

よく受験はノウハウだと聞きます、ああこういうことだったのかと納得しました。私が中国語を勉強しているのは受験とか試験とかに合格するためでなく、中国人とコミュニケーションしたりネットで中国語を通して情報を得るためです。しかし効率良く勉強したほうがいいに決まっているので、他にも効率がいい方法があればどんどん利用していきます。

この前、野口 悠紀雄さんの「超」勉強法 (講談社文庫)という本を読みました。そしたら語学の勉強に関して、私がやっているのと同じような方法を紹介されていました。語学の勉強については文章の暗記がおすすめとのことです。野口悠紀雄氏は高校時代教科書の丸暗記をしてテストでいい点をとっていたそうです。ある程度試行錯誤すると同じ方法に行き着くのかなと思いました。昔はこういう人が書いているのを読むと著者が特別に頭がいいからでしょ~、私は凡人なので無理と思っていましたけど、今は自分にもできるとわかったので考え方が変わりました。

この「超勉強法」という本は何気に面白くて役に立ちました。野口悠紀雄氏といえば超整理法が有名ですが、今まで興味が無く一冊も著書を読んだことがありませんでした。中国語の勉強を始めて少し勉強法に興味を持ち、たまたま本屋で見つけて読んだらいい本だったというわけです。少し興味が湧いたので他の著書もまとめ買いして読みました。超~シリーズはすべて読みました。いくつか使えるノウハウがあったので一度は読んでおいて損はしない本でした。

「超」勉強法 (講談社文庫)
「超」勉強法 (講談社文庫) 野口 悠紀雄 

おすすめ平均
stars書いてあるとおりに読んでみた。
stars難しい
stars効率的な勉強法
stars「方法が正しければ一定水準に辿り着ける」の具体論
stars今読んでも感銘を受ける

Amazonで詳しく見る

「校内」という中国の大学生の中で一番流行っているらしいSNS

この前、中国の大学生と話していて教えてもらったのが「校内(xiào nèi )」http://xiaonei.com/というサイト。今中国の大学生の間では非常に流行っているらしいです。中国の大学生の間ではQQチャットよりも人気があるんだとか。

話を聞いていると日本のmixi(ミクシィ)と同じようなSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)みたいです。ミクシィと違うのは「校内」は大学生用という点です。米国のfacebook(フェイスブック)みたいなものでしょうか。校内xiaoneiってそのまんまのネーミングですね。

ログインして中身を少し見せてもらったんですが、私の今の中国語力では内容がほとんど理解でないのでどういうものか正確には理解できませんでした。サイトの作りを見た感じだと複数の知り合いと適度な距離感を持ってコミニュケーションをするのには便利そうです。

中国のネット事情を少し知って思ったのは日本とあまり変わらないなってことです。若い人はブログ(博客)をやっている人が多かったり、SNSが流行ったり。ネットはお金がそれほど必要ないからネット内での流行のようなものに世界中で差があまりないんだろうな。想像していたよりもネットの使われ方が進んでいたので驚いています。