杜拉拉升职记

杜拉拉升职记

2010年の映画版の方を見た。小説が原作でドラマにもなってる。


元々は小説がヒットしたらしい。中国のアマゾンの評価みたらコメントが4000個を超えてる・・。

内容は1行で書くと、外資系企業で働く女性のサクセスストーリー。最近は日本でこういうドラマ、映画をさっぱり見なくなった気がする。

主演の女性が監督もしていて、男の主人公は歌手が演じている。

 

内容は置いておいて、映画に出てくる車を観察してみた。今中国は世界で一番車が売れている市場なので車の宣伝も多い。この映画では日本のマツダの中国での合資会社が協力している(映画の最後に社名が出てくる)。

外資系企業の偉い人がなぜかマツダの「马自达 睿翼」日本名だとアテンザに乗っていたり、主人公が少し出世した後に貯金をはたいて、MX-5(日本のロードスター)を買ったりする。ロードスターは中国国内で生産していないので、中国で買うと30万元くらい。アテンザの方は現地生産していて20万元くらい。この辺の設定に無茶があるのがある意味合理的だなぁと思った。

あと、登場人物達が頻繁に英語交じりで話すのは、上海の外資系企業にありがちだけど、なんだか見ていて落ち着かない。

広告

Leave a Reply