中国語のヒアリングの勉強

今やっているヒアリングの勉強は、毎日中国語会話のCDを聞くことです。
使っているCDブックは
とにかく30秒話す中国語基本フレーズブック(及川 淳子)

最初にテキストの方を読んでちゃんと内容を理解してからやらないと凄く効率が悪いです。
というかわからないまま音声を聞いても全然進歩が感じられないです、自分の場合は。
アメリカの映画を字幕無しで見ても全然進歩しないのと同じです。

具体的な勉強方法は内容的にはたいしたことはやってないんですが、1日1時間くらい、必ず毎日CDを聞いています。
家で聞くときはテキストを見ながら、外で聞くときは何も見ないで聞いています。
今このリスニングの勉強を始めて1ヶ月くらい経ちます、気づいたらネイティブの発音がかなり聞き取れるようになっていました。
といっても今使っているテキストの内容がわかるだけで、始めて聞く会話などはほとんど理解できません。
それでも最初の頃は、まったく理解不能な音にしか聞こえなかったのが、音の判別ができるようになったのは自分的には嬉しい進歩です。
語学の勉強はやったらやっただけ着実に進歩するんだなと実感します。
努力や才能とかいうより、やるかやらないかが大きいなと思います。

リスニングに使っているCDの内容は、携帯のマイクロSDカードにMP3ファイルとして入れています。
いつでも好きなときに、できるだけ面倒くさくなく使えることが重要なので携帯電話で聞くことにしています。
今まで携帯電話のミュージックプレーヤーの機能なんて1回も使ったことがなかったので友達に教えてもらい使い始めました。
これは非常に便利です。やっぱり新しいものは便利なんですね、食わず嫌いは損するなと思いました。

広告

Leave a Reply