ICD-UX71を買った

sony icd-ux71を手で持ったところ
SONY ICD-UX71を手で持ったところ

SONY ICレコーダー ICD-UX71の感想レビュー

ソニーのICレコーダーICD-UX71を購入したので使ってみた感想を書いておきます。

主に中国語の発音練習をするために買いました。
以前から発音の練習にボイスレコーダーが欲しいと思ってたので、評判が良く、店頭で実際に触ってみて気に入ったSONYのICD-UX71を選びました。

最初に結論から書くと、ICD-UX71を買って非常に満足しています、自分がICレコーダーを使ってやりたかったことがほとんど不満なく実現できました。
このICレコーダーを最初に手に持った時の感想は,、凄く小さくて異様に軽い!でした。電池を入れてもとても軽い、個人的にはもう少し重くていいぐらいです。

一番よく使う使い方は、中国語の発音の練習のために、自分の声を録音し、その後すぐに録音した声を自分で聞くことです。この操作が面倒臭い操作なしに非常に簡単にできます。電源を入れて録音ボタンを押せばすぐに録音開始、停止ボタンを押すと録音を終え、次に再生ボタンを押すとすぐに直前に録音した音声が再生されます、操作はこれだけでOKです。ネイティブの発音練習用のCDを流しながら、ネイティブの発音の後に自分の声を一緒に録音して発音を比較するという使い方も良くしています。操作がシンプルなので説明書は見なくて必要なことは全部できました。このICD-UX71は使いやすいので語学の練習など単純な使い方をする人には向いている機種だと感じました。音声ファイルはMP3形式で保存されます。またMP3ファイルを取り込んでMP3プレーヤーとしても使えます。私は語学用のCDをUX71に入れて音楽プレーヤーとしても使っています。

SONY ICD-UX71の写真
私が買ったIC-RECORDER SONY ICD-UX71

しばらく使ってみて感じたんですがICレコーダーって機能自体は単純なので機械として完成形に到達しているのかななんて思いました。

ICD-UX71の箱
SONY ステレオICレコーダーUX71の入っていた箱と付属品一式
充電式電池やイヤホン、専用ケースも付属されているので他には何も買わずに使用できました。UX-81と説明書など共通のようです。

SONY-UX-71
ICD-UX71を文庫本の上に置いて大きさ比較
予想以上に小さいです。ポケットに入れて気軽に持ち運べるサイズ。色は白です。真っ白ではなくパールホワイトみたいな感じでお洒落です。
メモリーのサイズは1GBです、僕の使い方だとまったく使い切れないくらい余裕のある容量です。

ICD-UX71
ICD-UX71の側面にある操作用ボタン
横にあるボタンで普段使うほとんどの操作ができます、片手の親指で全部操作できるので楽です。
一番上に見える丸い部分がマイクです。ステレオなので両側に一個ずつ録音用のマイクがあります。

ネット上の感想を見るとICD-UX71はボタンが小さくて操作しにくいというものがあったけど、実際に操作してみると自分の場合は全然そんなことはありませんでした。むしろボタンを押したときの感触とかボタンの大きさとかちょうどいいと感じました。ICレコーダーを買うときICD-UX71と同じくらい評判の良いSANYO リニアPCMレコーダーICR-PS501RMやICR-PS503RMと迷ったんですが店頭でさわってみたらサンヨーよりソニーのUX71の方が操作性が良いと感じたのでソニーの方にしました。音質ではSANYOの方はリニアPCMレコーダーなのでCDと同じ音質で録音できるそうで、ソニーUX71より優れているようです、私は中国語の発音練習に使うので音質は普通でよく、店頭で実物をさわった感触で決めました。

UX71の側面
ICD-UX71の側面ボタンの出っ張り具合
ボタンが数ミリ外に出ているので、ちょっと使い慣れると何も見ないで片手の親指の感触だけですべての操作ができるようになりました。

ソニーICレコーダーICD UX-71のマイク部分
UX71のマイク部分
一番上の丸くてポツポツ穴が開いてる部分がマイクです、icd-ux71はステレオ録音ができるので、両側に一個ずつ合計2個のマイクがついています。

UX71のディスプレイ部分
SONY-ICD-UX71のイルミネーションライトをつけた状態
何か操作をするとしばらくグリーンのライトがつきます。本体が小さいので画面も小さいです。小さいけど特に不便と感じることはないです。

ICD UX71の裏側
ソニーUX71の裏側の写真
本体内蔵のスピーカーと、電池を入れるところ、あとホールド(電源)、DPC(再生速度調整)のオンオフスイッチがあります。
内臓のスピーカーはおまけ装備なのかもしれませんが、語学の練習に使う程度なら必要十分な能力です。イヤホンを差し込んで聞いたほうが音質がいいのはいうまでもありませんが、気が向いたときにさっとボイスレコーダーを取り出して発音練習するときなんかはイヤホン使うより、そのままスピーカーで聞くことがほとんどです。電源にもなるホールドと再生速度を変えられるDPCのボタンは裏についているのでこれは使いにくいです。あえて言うならこの点が唯一UX71の欠点かも。

ソニーICD-UX71の電池のフタ
UX71の充電池を入れる部分
この写真だとわかりにくいかもしれませんが、電池ケースの蓋は完全には外れないように一部がゴムみたいな物で本体と繋がっています。
フタをなくしたりすることがなくなるので細かい点ですがいい作りだと思います。

ICD-UX71-battery
ソニーICD-UX71に付属されている充電用の単4電池
UX71には最初から充電できる電池が付属されていて、UX71をパソコンのUSBに繋ぐと、そのまま電池に充電できるようになっています。
これは便利です、電池の持ちは非常に良くて、いつ充電したか忘れるくらい。
旅行とかに行って充電する時間がない時は普通の単4電池も使えるの良い仕組みだと思います。

icd-ux71のUSBコネクタ部分
ソニーUX71のUSBコネクタ部分
本体の下にあるキャップを外すとそのままパソコンのUSBコネクタに接続できるようになっています。

UX71のUSB部分のキャップ
UX71のUSB接続端子のキャップ内の構造
写真がピンボケしたので見にくいですが、本体下にあるUSBコネクタのキャップはただのプラスチックではなく、
金属バネみたいな物が入っているので、USB接続端子部分と金属バネのところでカッチリ固定されて、使っているうちに劣化してキャップが外れやすくなることがなさそうです。

SONY UX71のUSBケーブルを接続した写真
ソニーUX71に付属のUSB延長コード
本体を直接USB端子に繋ぐこともできますが、USB延長コードが付属されているので、USB端子に直接繋ぎにくくても大丈夫でした。

sony ux71のマイク、イヤホン接続部分
UX71の上部、イヤホンとマイクの接続用の穴がある
イヤホンは使いますが、マイクは内臓のやつしか使わないので他のマイクを使った場合の感想はわかりません。

UX71に付属のイヤホン
ICD-UX71付属のイヤホン
安っぽいですが、別に不満はないので付属のイヤホンをそのまま使用しています。

ICD-UX71-case
付属品のUX71専用ケースに入れた状態
これも安っぽいですが、そのまま使っています。

ICD-UX71-size
ICD-UX71の大きさ比較
10円玉、ボールペン、定規と一緒に並べてみました。本体は10センチくらいの長さですね。
非常に小さくて、異様に軽いので持ち運びに不便ということは全くないです、むしろ小さくて軽いのでどこかで無くしてしまいそうなくらいです。

私はamazonで購入しました。
このICレコーダーは値段もそんなに高くないので語学の勉強のための先行投資として、コストパフォーマンスを考えるととてもいい買い物をしたと満足しています。

広告