日本から見れる中国の動画サイトについて

中国人の知り合いから中国の動画サイトを教えてもらった。日本でのyoutubeやニコニコ動画みたいな動画共有サイトが知りたかったんですよね。

56.com(56网、56網)
http://www.56.com/
土豆网(土豆網)tǔ dòu wǎng トゥードウワン
http://www.tudou.com/
优酷网 youku.com(優酷網)yōu kù wǎng ヨウクーワン
http://www.youku.com/

この3つをよく使っているとのこと。「56.com」の動画は日本から見れないのがわかっていたから、残りの「土豆网」と「优酷」を試したところ、「优酷」だけは動画の再生がちゃんとできました。でもネット回線の速度が遅いみたいで再生までに時間がかかりますね。

追記
中国の動画サイトのまとめにも書いたけど、こちらにもメモ。

「PPTV」(ピーピーティーヴィー)
日本からは見れない。
2004年12月開始。日本のソフトバンクも出資している。テレビ局と提携して無料で人気番組を流している。専用の視聴ソフトもある。動画を見る前に長い広告が入る。

爱奇艺
日本から見れない。2010年4月開始。中国最大の検索エンジン会社百度が創設。著作権とかに気を使っている印象、中国人に聞くと、あまりこのサイトは使わないとのこと。

Letv乐视网
日本から見れる。速度はまあまあ。2004月4月開始。過去のドラマを見るのに便利。

CNTV
国営放送の中国中央電視台(China Central Television) のネット版がCNTV。若い人はほとんど見ないらしい。広告なし、日本から見れる。

酷6网ku6.com
動画の投稿サイト。酷の発音はクゥーで、英語のcoolの音訳。再生は遅い。日本から見れる。最初に広告入る。

ところで「土豆网」(繁体字だと土豆網)って名前が面白いです、「土豆」の意味は「ジャガイモ」、は「网」は「網」の意味で「ネット」のこと。直訳すると「ジャガイモネット」。芋づるという言葉があるように、ジャガイモってジャガイモ同士がつるでたくさん繋がっているから、それがたくさんの動画のリンクをイメージしてるんでしょうね(想像ですが)。

「优酷网」(繁体字だと優酷網)という名前も面白いです。「优」の意味は「優れている」、「酷」には日本語と同じように「残酷だ、ひどい」という意味もありますが、英語の「cool」の音訳から「素敵な」とか「かっこいい」という意味があるそうです。(酷の中国語のピンイン(発音記号)はkùなのでクーと発音する、kù→cool)。
よって意味は「優れていてカッコイイサイト」って感じでしょうか。

百度视频搜索
http://video.baidu.com/
あと動画の検索は、百度をよく使うらしいです。

中国語の勉強を楽しくやりたいから、いろんな動画を見てみたいんですが、日本からだと自分が調べた範囲ではyouku.com以外は規制がされていて見れないようですね(追記:最近はこれも海外からは見れないみたいです)。あと、中国人と話していてわかったんですが、今は中国では高校生や大学生などネットをよく使う家庭ではほとんどパソコンがあってインターネットを使っているそうです。中国の大学は全寮制なんですが寮では1人1台パソコンを買ってネットは1回線ずつお金を払って使っているそうです。ネットのせいかはわかりませんが、話していても普通の日本人と話しているのと変わらないんですよね。あと日本のアニメとか漫画、ゲームは思っていたより向こうでは知っている人が多くて人気です。まだ中国社会のことは全然わかってないんでいろいろ本も読んでみたんですが、「中国という大難 」は、読みやすい文章で面白かったです、最近文庫化されお手頃価格になっています。

広告
2 thoughts on “日本から見れる中国の動画サイトについて
  1. 私は日本語を勉強している中国人です、一緒に頑張りましょうか、メールで連絡してください

Leave a Reply