細切れ時間にやっている中国語の勉強

少し前に細切れ時間にやるいい勉強方法を見つけました。
といってもよくある方法です。ただ、自分にはすごく合っているらしくて無理なく続いています。

文房具コーナーに売ってある単語カードを使います。
単語カードとは、金属の輪っかに長方形の厚手の紙がたくさんぶら下がっている物です(単語カード:楽天)。
覚えたい単語や文法を使った文章を1文だけ単語カードの表に中国語で書きます。
その裏にピンイン表記と日本語の意味を書きます。

ちょっとした細切れ時間にこの単語カードをパラパラめくって、
1枚のカードに書いている文章について、中国語表記、日本語の意味、中国語の発音、この3つをすべて相互に頭の中で変換する練習をしています。

単語を一つ一つカードに書いて覚えるのは自分には無理ですけど、文章にすると自分でも不思議なくらい楽に頭に入るから、カードを見て覚えるのが楽しくなってきました。

例えば、

我在减肥,不吃零食。
私はダイエット中だから、お菓子は食べません。

この一つの文章を覚えるだけで、减肥、零食という単語は簡単に覚えられました。
在の使い方も勉強になります。

最初は、カードで一つ一つ覚えたりするのは先が見えない感じで、嫌だったんですが、実際に毎日やり始めると、いつの間にか結構な量を覚えていて、馬鹿にできないなと思うようになりました。

広告

Leave a Reply